フルートとビブラートのお話

こんにちは、フルートの坂本です。

今日は少し、フルートのお話をしようかと思います。

先日、新大阪のムラマツリサイタルホールにて、エレーヌ・ブレグ氏(https://www.heleneboulegue.com)のリサイタルを聴いてきたのですが、これがもう本当に素晴らしくて感動したんですよ。

彼女は今年の神戸国際フルートコンクール(世界でも非常に権威ある、日本が誇るコンクールです)で優勝した、今最もホットなフルート吹きの一人で、その表現の幅と変幻自在の音色、ついでにキャッチーなルックスもあり、フルート界隈だけでなく多くの人に受け入れられるビッグスターになるんだろうな、と少し偉そうにも感じました。

 

僕はもともと哲学的な(?)オーレル・ニコレ氏や、軽快なプレイで観客を魅了するランパル氏が好きなんですよね。

ちなみにこの正反対のキャラクターの二人が夢の共演を果たした名盤がこちら(http://www.muramatsuflute.com/shop/g/gC5567/)(厳密には二枚組のうち二枚目の方)。

ライブ盤で拍手の音の猛烈さにびっくりするのですが、それだけ盛り上がっていたということでしょう。

僕は高校生のころからこのCDが大好きで大好きで、フルートのCDでオススメは何かと訊かれたら、今でも間違い無くこれを推すという一枚です。

二人とも少し古い演奏家で(ランパルは2000年没、ニコレは2016年没)、「おじいちゃん奏者」とか言いたくなる雰囲気があります(なぜか若い頃の録音でもそう思う)。

 

そんなコンサバを自称する僕ですが、ブレグ氏の演奏を聴いて今の時代には今の時代にあった良い表現があるんだろうな、と思うようになりました。

特に印象に残ったのが、氏のビブラートです。

上に挙げたニコレやランパルもそうですし、現代でも多くのフルート奏者がそうですし、ジェームズ・ゴールウェイ氏など圧倒的にそうなんですが、フルートって基本的に演奏中はずっとビブラートをかけ続けて、しかもだいたい深さや回転数は一定なんですよね。

そんななかブレグ氏のビブラートは、ノンビブラートのシーンこそそこまで多くはなかったものの、曲想や場面に応じて多様に使い分けられており、氏の表現の幅の広さに貢献していると感じたのです。

どの曲のどの音も、本当に細かいところまで考えられたビブラートが使用されており、特に一部のメインに置かれたプロコフィエフのフルート・ソナタ Op.94 の第一楽章の第一音目のA音が鳥肌ものでしたね……。

 

で、まあそんなこともあって、自分もビブラートのコントロールをうまく出来るようになろうと、最近練習をしています。

しかし、長年(もうフルートを手にしてから16年も経つ!)ビブラートありきで演奏してきたため、もちろんノンビブラートや深さを調整する場面もありますが、「自分のビブラート」というものがかなり固定されてしまっているんですよね。それを見直したい。

醤油やわさびは刺身の味を引き立てる非常な大切な役割がありますが、だからといって最初っから決まった種類の醤油が魚にドバドバかかってたら嫌だよね、って感じ(?)。

これが厄介で、本来「足し算」として必要な時に現れるべきビブラートがデフォルトにあるので、それを無くそうとすると演奏中かなりの意識を割かないといけないのです。そうすると、他のことがおろそかになる。

そういうわけで、まずは意識から変えるべく、練習時にはビブラートを一切かけないようにして、ノンビブラートに軸を置くようにしました。

これがなかなか難しく、だいぶ慣れてはきたのですが、演奏を録音して聞いてみると、思わぬところにビブラートがひょこっとかかっていたりするんですよね……うーん、自在なコントロールにはまだまだ到達できませんね。

(そういえば今年の9月に、ケーナ奏者の岩川光さんのワークショップに参加したのですが、そこで岩川さんは基礎練習中のビブラートは「禁じ手」とまで表現しておられました)

 

よく古楽やバロックと言われる時代の音楽を奏する際は、ビブラートは「下品」だからかけてはいけないとか言います(もしかけるとしても喉や横隔膜ではなく、指でかける)。

じゃあいつの時代から、ビブラートを常にかけるようになったんでしょうね。ベーム式フルートになってから?

それについて、日本のフルート界を長く牽引してきた金昌国氏は『金昌国フルート教本 2』のなかで、「どういうわけかかなり長い間フルートにはヴィブラートは使われ」ていなくて、「ドイツのオーケストラでは、第二次大戦までヴィブラートなしで演奏していたよう」だと指摘しています(p.33)。思ったより最近ですね。

またそのあとで「現代ではヴィブラートなしでフルートを演奏することは考えられません」とも述べています。

これ以上のことは手元の資料では確認できなかったので、また調べていきたいところです。もし詳しい方がおられたら、ぜひ教えてください!

 

そういえばジャズでも、ジェレミー・スタイグ氏のようにフルート専業のプレイヤーと、フランク・ウェス氏やエリック・ドルフィー氏のような他の楽器もこなすプレイヤーとでは、ビブラートの印象もかなり違いますね。

まあ曲やフレーズなどビブラート以外の要素もかなり違っていますし、年代にもズレがあるのでなんとも言えないのですが。

こんな感じで、いろいろな奏者のビブラートのかけ方を比較しても面白いかもしれません。

 

さて、最後になりましたが、融解建築の主催イベント「第五回多次元演奏会」まで、ちょうどあと一ヶ月です!

来年1/21、京都・CLUB METROでお待ちしております!

僕のビブラート研究の成果はあるのか、乞うご期待。

 

……全然「少し」じゃなかった。

この記事は5分で読めます

田口です。

1月21日(日)に第5回多次元演奏会が開催されます。
僕が融解建築に加入したのは第4回の直後でしたので、初めての自主企画を楽しみにしています。
ご来場予定の方々もどうぞご期待ください。

体を動かしたくなって夏から水泳を週3〜4ペースで習っている(中学・高校と部活でやってた)のですが、演奏中に腰が丸くならなくなってきた気がします。
逆にベースの演奏は体の左右差ができやすくて水泳には悪いような気がします。
どんな楽器でも立ち姿勢の時に両肘が同じ高さになる状態を意識するといいらしく、そういうことに気をつけて数十年後でもちゃんと立って楽器を弾けるようにしたいです。

初めての投稿でしたが、ちょっと書いては消して、を繰り返すうちに2時間ぐらい経ってしまいました(朝なのに…)。
読み書きが難しいのでいつか習いに行きたいです。
このブログも、いつかまた書こうと思います。

第五回多次元演奏会

大変お久しぶりです。ドラムの秋田(旧ブログ:賀茂川コナン)です。

2周遅れくらいでブログを WordPress にしたのに、肝心の更新が大変滞ってしまい恐縮の限りです。

まず、最近のマイブームを紹介します。

Multi-Dimensional (多次元)仲間であるところの Hiatus Kaiyote (ハイエイタス・カイヨーテ)。[ Google 検索結果↓]

会ったこともメールしたこともありませんが、 Multi-Dimensional を標榜するもの同士、きっと通じるところがあると思います。

 

かっこいい!時代が確実に多次元の方へ向かっているのを感じますね。

どうでもいいことですが、アルバム “CHOOSE YOUR WEAPON”  (2015)のジャケットが、文字のフォントも相まって往年の名作『ロックマンX』(初代)に登場する「スパーク・マンドリラー」というキャラクターを髣髴とさせます。

閑話休題。

Twitter 等では告知いたしましたが、来年2018年1月21日(日)の午後に京都は川端丸太町、老舗 CLUB METRO (クラブメトロ)にて第五回多次元演奏会を開催する運びとなりました。

第五回多次元演奏会フライヤー:クリックで裏面も表示。

第一回多次元演奏会は2012年9月13日(木)@京都大宮 BlueEyes にて、その後あっという間にメジャーシーンにデビューなさった Cö Shu Nie (コシュニエ)との2マンイベントでした。

あれから5年半。

われらが多次元演奏会は和太鼓ユニット我龍や社会人落語家銀杏亭魚折といった多彩な出演者の方々に恵まれ、すくすくと成長して参りました。今回ついに縁起の良い「」をカウントすることができ、感慨もひとしおです。これもひとえに皆さまのご声援・ご来場あってのことです。本当にありがとうございます。

ここで、今回のイベントの概要を説明します。

「聴覚空間と視覚空間の多次元的相互作用に関する試み」と不遜にも題したように、今回は視覚が重要な役割を果たします。

出演者は書家 福田匠吾KSMT × サスカッチ鴨川ハルモニカそして融解建築。おそらくはライブハウスで一堂に会することのまずないと思われる出演者陣を揃えました。

そもそものきっかけは融解建築のロゴを一新するさい、揮毫をお願いした福田匠吾氏との打ち合わせの中で「何か一緒にやりたいですね」と話が弾んだことでした。主に現代書のフィールドで活躍する氏も、根底の部分にあったのは古典への敬慕でした。書道仲間と飲んで酔っ払った状態のまま皆で半紙と硯を揃えて臨書に興じたことなど、さまざまなエピソードも伺いました。

出来上がった作品を見ると静止した空間芸術のように感じられる書道ですが、その過程では制御された筋肉の運動、調合された墨液の挙動、そしてそれらを伝える筆の躍動といった、さまざまな動きが絡み合う、「ライブ」にふさわしい時間芸術としての側面もあります。

„Architektur ist erstarrte Musik.” — Friedrich W. J. Schelling

「建築は凝固した音楽である。」…シェリング

まさに、融解建築の名前の由来であるこの言葉を思い出します。

福田匠吾さんの最近の作品。現在、「京都場」というギャラリーにて展覧会を開いてらっしゃいます。

「古典と現代」という通底する問題意識を共有し、偶然か必然か京都で出会った融解建築と書家 福田匠吾の組み合わせは、どんなステージになるのか。われわれ自身楽しみでなりません。

(つづく?)

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial